バストアップに悪いもの

バストアップに悪いもの

バストアップに悪い食べ物は、大きく分けて2つです。
それは「炭水化物や脂質のとりすぎ」と「食品添加物」の2つです。
女性ホルモンが大きな要因であるバストアップに阻害をもたらすのが環境ホルモンであることは有名な事実ですが、この2つの要因ははその代表です。
炭水化物なら、米・パン・麺類・イモ類などのとりすぎはあまりよくなく、脂質なら、油の多い食品、バター、ドレッシングもとりずぎはダメです。
食品添加物は、手軽なインスタント食品、レトルト食品などに含まれるので、これらの添加物がホルモンに影響します。
もちろん我慢しすぎもストレスになるので、よくないですが、自然なバランスをくずさないことがコツです。
また、よく聞く事で、コーヒーやアルコール等はバストアップをしている時には控えた方が良いということを聞きます。
サプリメントをバストアップの為に飲んでいる方は、特に控えた方が良いそうです。
なぜかといいますと、コーヒーに含まれているカフェインとお酒に含まれているアルコールが、バストアップの妨げ要因となっているからです。
しかし、よく考えるとカフェインはコーヒーだけではなく、お茶類(ウーロン茶等)にも含まれているので悩まれる方は多いと思われます。
本気でバストアップをしているのであれば、乳製品(牛乳等)や大豆製品(豆乳等)がお勧めの飲み物として良いと言われています。
また、カフェインが含まれていないお茶類(麦茶・ほうじ茶・ハーブティー等)もありますし、最近ではたくさんのノンカフェインのコーヒーも出ていますので、これからの物を飲んでみてはいかがでしょうか?
そしてアルコールですが、アルコール大好き人間に『飲む事は全くダメ!』と言うと、ストレスが逆に溜まってしまい、これがまたバストアップの妨げになってしまいますので、飲むのであれば飲みすぎない程度なら良いと思います。
ストレスもバストアップを防げる大きな要因になりますので、気持ちを気軽に持って、楽しく取り組むようにすると良いとおもいます。

 ■うるつや肌とバストケアのためのプレミアム級本格志向サプリ

 女性の美容・健康をサポートする成分
 ブラックコホシュ、チェストベリー、ジャムウガリアン配合
   「うる肌物語プレミアムバストメイクタブレット」